細長い風船を巧みに操り、様々な形を作り出すバルーンアーティスト

バルーンアートはとても難しく、プロしか作れないと思われがちですか、簡単なバルーンアートなら初心者でもすぐに作れるようになるものです。

今回は子供に大人気のバルーンアートを初心者が始める際に必要な道具知識をご紹介いたします!

 

バルーンアートに必要な道具は

バルーンアートを始めるのに必要な道具は、風船とハンドポンプの二つだけです。

いきなり高級な道具を揃えるのも良いですが、まずはお試しに100円均一ショップで細長いバルーンとハンドポンプを購入してみるのがオススメです。

そして百均の道具で物足りなく感じてきてから、少し良い風船を購入してみてはいかがでしょうか。

 

 

バルーンアートを作ってみよう

STEP1.犬を作ってみる

まずは風船で簡単な犬を作ってみましょう。バルーンアートの一番簡単な作品としてよく紹介されていますので、バルーンを触ったことがある人なら一度は作ったことがあるのではないでしょうか。

作り方は検索すればすぐに出てくるので自分が一番見やすいサイトを選びましょう。

私のオススメは『キュッとバルーン』とういうサイトです。

こちらのページで分かりやすく解説されています。

STEP2.プードルを作ってみる

犬が作れたら、次はプードルを作ってみましょう。

小さなバブルを何個も続けて作らなければならず、先ほどの犬より少し難しいです。

プードルにはバルーンアートに必要な基本的な技術が詰まっているので、これをマスターしたらバルーンの基本はもう大丈夫です!

作り方はこちら(キュッとバルーンさんです)

STEP3.2本以上のバルーンを使って作品を作ってみる

 

最後に二本以上の組み合わせた作品を作って見ましょう。

作る作品は『自分が作りたいもの』を選ぶのが上達への近道です。

レベル的には例えば帽子のようなものが良いでしょう。

(帽子の作り方はこちら

 

まとめ

バルーンサプライズまとめ

今回はバルーンアートを始める際に必要な道具知識をご紹介いたしました。

バルーンアートは誰でも簡単に楽しめるものです。また、ハマったらとことん奥が深いアートでもあります。

この機会に是非、バルーンアートを初めてみてください!